モノシリーのとっておき~すんごい人がやってくる!~ |最新記事&番組詳細一覧

【放送曜日&時間】金曜19:0~19:57放送

【放送局】フジテレビ

【メインキャスター】古舘伊知郎 山崎夕貴(フジテレビアナウンサー)

【公式URL】http://www.fujitv.co.jp/monoshiri/

識者たち(モノシリー)から「とっておき」に関する情報を教えてもらう番組。和室のちゃぶ台を挟んだリラックスした雰囲気にて、ゲストおよび識者たちを迎えるといった演出となっている。司会は2017年9月17日まで放送されていた『フルタチさん』にて司会を務めた古舘伊知郎と山崎夕貴(フジテレビアナウンサー)が務める。収録後、MCの古舘伊知郎は吠えた…「あえて“面白くない”と言いたい!」と。「それで視聴者の方に注目してもらえるならね。それくらい面白いんです!」と大興奮。「その道のプロに話を聞く番組」―。『モノシリー~』は、そのひとつもふたつも上を行く知的好奇心をくすぐられまくりの番組。まず、登場するその道のプロとは、日本を代表するレベルの識者と呼ばれる人々のこと。番組では“モノシリー”と名付けた。そんな“モノシリー”たちが、ただ語るだけでなく「とっておき」のお話を、映像・写真を使って熱弁してくれる、なんともぜいたくな時間である。 初回放送は、日本一と呼ばれる下町の鮮魚店の店主が語る「今食べるべき魚ととっておきの調理法」とは?世界の夜を彩り続ける照明デザイナーが語る「絶対見てほしい!世界のすごいライトアップ」とは?ウイングスーツで空を飛ぶリアル“鳥人間”が語る厳選フライトなど…“モノシリー”が語る貴重な世界は、非常に奥深く、時にモノの見方そのものを変えてしまうほど。2回目以降も、世界を魅了したプロフィギュアスケーターが語る「ジャンプではない!フィギュアスケートの見方が変わる!とっておきの技」とは?猫を撮影させたら右に出る人はいない動物写真家の巨匠が語る「ずっと撮りたかった究極の瞬間」など魅力的なお話が続く。そして、もうひとつのこだわりが“モノシリー”を迎えるスタジオ。なぜか昭和の香りがぷんぷんする和室…古いちゃぶ台を皆で囲んで“モノシリー”の話に耳を傾ける。そんなちょっと懐かしい、おばあちゃんの家に遊びに来たような雰囲気に、ゲストだけでなく“モノシリー”本人もリラックス。話す予定のなかったような、さらに面白い話が飛び出す。MCの古舘伊知郎が「知らないことだらけだ!」「あえて“面白くない”と言って注目させたい」と、大興奮しっぱなし。司会を務めるのは、古舘伊知郎! 古舘が毎週、さまざまなジャンルの“モノシリー”たちの魅力を掘り下げていきます。ここでしか聞けない話、貴重な映像の数々に驚きと感動の連続間違いなし! 新たな金曜7時にご期待ください!

▼【モノシリーのとっておき~すんごい人がやってくる!~】番組最新・過去動画一覧▼